先輩たちの声

地域の健康を守るために。 私たちの想い、明日への夢!

笹菊薬品グループの薬剤師は、地域の健康を守る薬剤師。
ふだんの職場での想いと、これからの目標を語る、先輩たちの声にふれてみてください!

五十嵐 久登 荻堀調剤薬局/平成25年入社 新潟薬大卒ふれあいがあり地域に貢献できる職場で新しいチャレンジをしていきたい。

地域に必要とされる医療現場で

私の勤務する荻堀調剤薬局は、山の近くにある個人医院の門前薬局です。ドクターは内科ですが、時には整形外科の患者さんも診療するなど、柔軟な対応を行っています。高齢者の方が多く、医院も薬局も、地域の人に頼りにされています。私はそこで投薬と調剤などの仕事を行っています。投薬では、なるべく専門用語は使わず、「受診」は「みてもらいましたか?」、「服用」は「飲んでください」など、やさしい言葉に代えて説明しています。調剤では、規格が違うものもあるため、処方せんに基づいた正しい薬を出せるよう、必ず二人以上でチェックするようにしています。

忘れられない思い出

初めて患者さんにお薬を渡した時は、とても緊張しました。声も手も、少し震えていたことを思い出します。皆さんやさしくて、患者さんたちは普段通りに接してくださいました。だから、私もすぐに安心できました。今では、せっかちな人、お話が好きな人など、患者さんの性格に合わせて対応できるようになっていると思います。やはり「いつもありがとうございます」のひとことをいただくと、うれしいですね。この場所で生きる、皆さんの役に立っていることを実感します。

新しいチャレンジに向けて

今後の目標は在宅患者訪問管理指導の充実です。これは薬局のみんなが「やってみよう!」と掲げた目標でもあります。当社は現場スタッフのやりたいことを大事にする社風があり、私たちも新たなチャレンジをしようと考えたのです。投薬カレンダーの提供をはじめ、自分で薬局に来られない患者さんのために、しっかりとした指導管理を行っていきたいです。そのために、薬に関する幅広い知識を身につけ、どんな現場でも活躍できるよう成長したいと思います。

おだやかな職場で学ぶ日々

実は、私は大学の水産学部でフグ毒の研究をしていました。そこで薬がなぜ効くのか興味がわき、もう一度、今度は薬学部に進学したのです。私が当社に入社したのは、多様な人を受け入れるオープンな雰囲気があったから。それに、見学時に感じたやさしい雰囲気も決め手でした。おだやかな同僚や患者さんに囲まれて、笑顔で仕事に取り組むことができる、働きやすい環境で、毎日、技術を磨いています。

小出 和美 大郷町調剤薬局/平成元年入社 新潟薬大卒 薬剤師の喜びも母としての喜びもかなえられる幸せがあります。

薬局の外でも地域に貢献

私は処方せんの受付を行い、調剤、投薬を行う通常の業務のほか、管理薬剤師として在庫管理をはじめとする店舗運営を行っています。近隣のドクターと定期的に合うことを心がけ、情報交換を行うことを大切にしています。薬局の外では小中学校の学校薬剤師として、保健室の薬剤を管理しながら、子どもたちを対象に正しい薬の飲み方の指導や、薬物乱用防止の授業を行っています。職場は和気あいあいとした雰囲気です。他の薬局の薬剤師もみんな知り合いなので、勉強会などで会うといろいろな話で盛り上がりますね。

患者さんの声に応えて

私の薬局は精神科医院の門前にあります。最初は会話もままならなかった患者さんが、だんだん健康になっていき、最後に「ありがとう」と言われると、快方に向かう過程を間近で見ているため、とても大きな喜びを感じます。診療日でなくても「相談したくて」と訪れる患者さんや、電話をしてくれる患者さんがいます。この仕事は「求められてこそ」の仕事だと思うのです。相談に答え「ほっとしました」という声を聞くと私もうれしいですね。普段の業務でも薬が増えた理由などをていねいに説明することで患者さんに「安心」を提供できるよう心がけています。

母としての時間がある職場

私は当社で薬剤師として働きながら、5人の子どもを育てています。産休をしっかり取り、子どもが小学校に入るまで勤務時間を短縮してもらったり、子どもの入院時には看病に集中できるよう対応してもらいました。周りのスタッフにも快く受け入れてもらい、母である時間を、きちんと作ることができたと思います。社員をサポートする体制が整っていることも、もちろんですが、何事も相談すればちゃんと対応してくれる、薬剤師にとって頼もしい会社だと思います。

薬剤師という仕事の喜び

新人の時のことですが、上司も事務の方もとてもやさしかったので、皆さんに「社会人1年目をこの会社で送れて良かったです!」と年賀状を書いたことを覚えています。今もその思いは変わりません。人の役に立つことがうれしく、その喜びを今も感じながら薬局に立っています。これから薬剤師の道を歩もうとしている皆さんに伝えたいのは「薬剤師を楽しんでほしい」ということです。それができる職場が、ここにあります。

ページの先頭へ