会社沿革

1866(慶応2)年

初代 長澤菊蔵が加茂市上町(現在、笹菊薬局)に薬種屋『笹川屋』を創業。
1923(大正12)年 3代長澤吉治が薬剤師となり『笹菊薬局』として医薬品、家庭薬販売を拡充し、写真機・写真材料・化粧品などの販売を開始。
1935(昭和10)年 法人経営に改め、合名会社に変更、『合名会社笹菊商店』を設立。
1950(昭和25)年 4代長澤吉男が事業承継、代表社員となり、医薬品卸業務を開始。
1955(昭和30)年 麻薬卸売業者の免許を取得、業務を拡大。
1963(昭和38)年 株式会社に改組、『株式会社笹菊商店』となる。長澤吉男、代表取締役社長に就任。新潟市に営業所を設置。以後、長岡市、上越市に営業所を、佐渡に連絡所を設置。
1973(昭和48)年 資本金を10,000千円に増資。
1975(昭和50)年 商号を『笹菊薬品株式会社』に変更。
1978(昭和53)年 本社を加茂市幸町に新築、移転。
1982(昭和57)年 地域医薬分業取組みのため『株式会社加茂調剤センター』を設立。同社、平成10年、商号を『株式会社メディウイル』に変更。
1983(昭和58)年 三条税務署長より優良申告法人の表敬を受ける。
1984(昭和59)年 資本金を30,000千円に増資。
1988(昭和63)年 長澤吉男、社長退任、取締役会長に就任。長澤敬一、代表取締役社長に就任。
医薬分業制度に対応して、調剤薬局経営に進出。同時に医薬品卸売部門の業務を縮小、各地営業所を廃止、大部分を(株)スズケンに営業譲渡。
新潟市長潟に調剤薬局第1号店「長潟調剤薬局」を開設。以後、各地に開設。
1990(平成2)年 会長 長澤吉男、加茂商工会議所会頭に就任、2001(平成13)年任期満了退任。
1995(平成7)年 漢方薬部門進出のため、中国・哈爾濱市医薬公司と合弁で『株式会社哈爾濱漢方薬局』を新潟市に設立。長澤吉男、代表取締役社長に就任。
2000(平成12)年 三条税務署長より優良申告法人の表敬を受ける。
2001(平成13)年 (株)哈爾濱漢方薬局を(株)メディウイルに吸収合併。
社長 長澤敬一、新潟市薬剤師会会長に就任。平成17年 3月退任。
2002(平成14)年

卸売部門を廃止。調剤薬局経営専業となる。

2003(平成15)年 社長 長澤敬一、新潟県薬剤師会副会長に就任。
2005(平成17)年 社長 長澤敬一、新潟県薬剤師会会長に就任。平成27年 6月退任。
2008(平成20)年 長澤吉明、常務取締役に就任。
2010(平成22)年 三条税務署長より優良申告法人の表敬を受ける。
2011(平成23)年 長澤貴明、取締役に就任。
2013(平成25)年 笹菊薬品(株)法人設立50周年事業「長岡花火観覧会」開催。
社長 長澤敬一、薬事功労者厚生労働大臣表彰を受賞。
長澤吉明、専務取締役に就任。
長澤貴明、常務取締役に就任。
2016(平成28)年 三条税務署長より優良申告法人の表敬を受ける。
ページの先頭へ