薬剤師の仕事

地域とともに、創りあげる。

薬剤師の仕事は、調剤業務だけではありません。処方せんを通じて、地域の皆様から信頼され、薬や健康などの疑問に対して適切なアドバイスのできる、身近な相談相手としての役割もあると考えます。私たちの目指す薬剤師のスペシャリストとは、薬とそれに関わる患者さん・医師とのコミュニケーション能力をも合わせ持った人と薬とのコミュニケーターなのです。

主な業務

  1. 処方せんのチェックおよび調剤実務を行います。
  2. 患者さんのアレルギー歴、副作用歴、服用中の併用薬などの記録や、疑義照会、指導事項などを「薬歴簿」へ記載します。
  3. 効能・効果、副作用および相互作用などについて「薬剤情報」として文書に印字し、充分に説明した後、調剤薬と一緒に患者さんにお渡しします。

当社薬局は、次のことを実行しています

  1. 薬歴簿の作成と確認
    • 患者さんに副作用の有無を確認し、適切な服薬指導を行い、薬歴簿に記載します。
    • 調剤前に薬歴等を確認し、薬剤の変更、用法・用量の変更などを確認します。
  2. 服用指導の充実

    患者さんの役に立ち理解していただける服薬指導を心がけます。

    • 患者さんの立場に立った服薬指導(患者さんの理解度に応じた説明)を行う。
    • 薬剤情報の提示。(患者さんに必要な情報を、医師と事前協議の上、提供する)
    • 他科受診、併用薬の確認。(飲み合わせをチェック、事前に事故の防止に努める)
  3. 医師への疑義照会と確認の徹底
    • 高齢者の服用状況に応じた一包化等の分包方法の確認。
    • 後発医薬品対応および同種品の照会または依頼。
    • 相互作用、併用禁忌等のチェックと確認。
  4. 調剤の確認(ダブルチェックの実行)
    • 投薬時にも処方せんに基づき、薬剤の再確認を行う。
    • 調剤薬剤の日数・数量の再点検を行う。
ページの先頭へ